瀬戸内海の「犬島」がとても綺麗だった

瀬戸内海の「犬島」がとても綺麗だった

瀬戸内国際芸術祭2022の会期が終わりに近づきました。
春、夏、秋と三会期あり、夏会期に直島を半分巡りました。
もう一ヶ所くらい行っておきたいと思って探すと、犬島が出てきました。
急な思いつきだったけど、とりあえず出発。
岡山駅に近い自宅から1時間弱で宝伝港に到着しました。
宝伝港からは船に10分乗れば、もう犬島です。
思ったより近い。
そしてこの島の住所は、岡山市東区犬島。
初めて訪問した犬島は、のんびりとした風景が広がっていましたので、ちょっとご紹介しますね。

島に上陸すると、すぐにこの景色。
こういう広がった景色が大好きなので、ものすごくテンションが上がりました。

まずは犬島精錬所美術館へ。

精錬所美術館の作品をみた後は、美術館周辺の小高い丘に登って行きました。
足元が悪いので、歩きやすいスニーカーを履いて行って良かった。
天気もいいし、静かだし、緑は多いし、写真を撮りながら、歩くのが楽しい!
島内を楽しめるように、自然を大事にしつつ整備や掃除が行き届いている印象でした。

次は、瀬戸内国際芸術祭の「家プロジェクト」の作品を歩いて巡ります。
島の細い道を歩くと作品が現れるので、芸術はよくわからないけど見るだけでも楽しめました。

こんな綺麗な作品が、いきなり登場します。

案内通りに歩いていたら、海に抜けました。
そこで現れたのが、花のベンチ。
透明だから写真で分かりにくいですが、椅子になっていました。
景色込みで、かわいいと思いませんか?

芸術作品もだけど、島は自然豊かです。
途中でニワトリも登場。
小屋から脱走しているのでは?と心配になりますが、逃げても島内ですよね。

足元のこんな作品もおもしろいです。
つい、刺しゅうのデザインっぽいと思って見てしまいました。

島内の作品、全部回って2時間半くらいでした。
瀬戸芸会期中だから普段より人が多いとは思いますが、混雑がないのでのんびりとした時間を過ごせました。
11時に宝伝港発、14時10分宝伝港帰着。
自宅を出発して全部で5時間ですが、知らない場所というのは近くても楽しめますね。
瀬戸芸の会期は終了しても島へは渡れます。
でも、島への船便が少なくなったり、休館時期があったりするので、行く前によく調べる必要があるそうです。
船で渡るという行動がハードルを上げていましたが、島のきれいな景色は見る価値がありました。
思いつきで行動して正解でした。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください