鬱金桜を見に行きました。

鬱金桜を見に行きました。

見頃を過ぎたようだったので、急いで吉備路文学館へ行ってきました。

確かに、もうちょっと早かったら良かったなあという感じでした。
鬱金桜、町の中で咲かせるのは、なかなか難しいみたいです。
丁寧に管理されて、こうやって見せていただけるのはありがたいことですね。
(帰ってみたら、鬱金桜全体の写真を撮り忘れていました。)

広くはないですが、手入れをされている庭もあり、とても良い場所でした。

せっかくなので、吉備路ゆかりの文学者の著書や原稿など展示されている館内も見てきました。
個人的には展示室よりも、受付横の森川星葉先生の書を拝見することができて大満足。
やっぱり出かけると楽しいですね。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください