銀杏のオイル漬けに挑戦!

銀杏のオイル漬けに挑戦!

銀杏を頂きました。

写真は、ほんの一部。

これの5倍くらいなのですが、私にとっては大量です。

去年は、必要な分だけ割って使うという方法でしたが

時間が経つと、環境が悪かったようで、カビが生えてしまいました。

割って中身を出したら捨てる殻の部分なので、大丈夫ですが

あまり気持ちの良いものではないですね。

そして、そんなに放置すると、ちょっと中身も乾燥気味な気がしました。

(気のせいかもしれませんけど。)

今度は、どうやって保管しようかと考え、調べたところ、何種類か方法はありました。

一度にたくさん食べるものではないので、保存必須です。

調べながら、むかーし昔、私が小学生の頃、

油に漬けた銀杏を、母がストーブの上で焼いてくれたのを思い出しました。

真似してみよう!ということで、こちらを参考に作りました。

1)硬い殻を割る

2)茹でる

3)オイルに漬ける

以上、3工程。

第一工程の殻割りが困難なのは、分かっていたので

中学生をお手伝い要員として導入し、金槌で叩いて割りました。

最初は難しかったようですが、数個割るとコツを掴み

あっという間に、全部に割れ目を入れてくれました。

が、硬い殻から中身を剥がすのが大変でした。

調べると、色々方法はあるので、レンジに入れたり、水に漬けたりしてみましたが、

どれも私にはイマイチで、結局、手で地道に中身を取り出しました。

何でもない作業のようですが、肩がコリました。

せめてピスタチオくらい簡単になってほしい。

誰が、最初に銀杏を発見したんだろうか?

そんなことを考えながら、ひたすら銀杏と向き合い作業終了。

オイルに漬けた後、まだ味見をしていないことに気づき、

漬けた直後なのに取り出して、フライパンで焼いてみました。

やはりどこかで苦い感じがしますが、美味しい。

時間はかかりましたが、料理の彩りもかねて、しばらく使えそうです。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください