気づけば親指シフトが使える人になっていたこと

気づけば親指シフトが使える人になっていたこと

私は家で文章を入力する時は、親指シフトを使っています。

それが先日から使えなくなり、ローマ字入力をしていました。

文章が書けないわけではないので、我慢していましたが、

何日も経つとストレスに感じるようになってしまいました。

このストレスは何とかせねばと、朝からGoogle先生をあちこち検索して

やっと親指シフトのorzレイアウトを設定しました。

今、久しぶりに親指シフトを使って入力していますが

なんとも快適です。

私の場合、頭で文章を考えるのが遅いので

入力は早くもないんですけれど、

ローマ字入力している時のバタバタした感覚がないんです。

もともと自己流でローマ字入力を使っていて、

初めて入力の練習したのが親指シフトです。

親指シフト歴が何年にもなりますから、結構身についていたんですね。

今回、使えない状況になって、初めて不便さを実感しました。

私、気づけば親指シフトが結構使える人になっていたようです。

今日の嬉しい気づきです。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください