刺し子の糸の始末を玉止めに変えました。

刺し子の糸の始末を玉止めに変えました。

刺し子を始めた時に書いた記事がこちらです。

この時は、刺し始め、刺し終わり共に返し縫いにしています。

次に作った2つの図案では、どんな方法で始めて始末するのがいいか

いくつか試してみました。

書籍や検索で調べてみましたが、正解というものもないようでした。

自分のやりやすい方法でいいのではないかというのが結論です。

そうは言っても、見た目が汚いのは面白くないですし

花ふきんとして使う事を考えると、使い心地というのも気になります。

ふきんだと玉結び、玉止めの部分が乾きにくいとか、凸凹するということも考えられます。

そのあたりは個々の好み、何を優先するかということになりますかね。

返し縫いにしていた時のことは、こちらへ書いています。

玉結び

調べたいくつかの方法を試してみた結果、

面倒だし嫌だと思っていた玉留めが、一番すっきりおさまりました。

この方法は使い勝手より、見た目を重視しています。

今度の図案から、始めも終わりも全て「玉結び玉止め」を使ってみました。

刺し始め

玉結びを作り刺し始めます。

玉結びをして2目先から始めて返し縫いをします。

糸端が見える部分にあるのが嫌な場合は二枚重ねの布の間に隠すようにするという方法もあります。

(私はいつも布を2枚重ねて刺しています。)

小さめの玉結びを作り、布を痛めないように気をつけてひっぱると

布と布の間に玉留めがプチッと入りこんでくれるので

そこから返し縫いで始めるのが一番綺麗な始め方です。

でも、これが一番力加減が難しいと思われます。

刺し終わり、始末の仕方

玉止めを作ります。

玉の少し横の部分から2針程度の返し縫いをします。

糸を切る前に、布と布の間に針を通します。

数センチ離れた所に針を出し、気持ち糸を引っ張りながら切ります。

これで糸端が見えることがなります。

まだ途中ですが、今までのものと比べるとボサボサした糸端がない比較的綺麗な印象です。

●こちらのサイトもよろしくお願いします。