田舎の水(田舎モンのアタシシリーズ)

田舎の水(田舎モンのアタシシリーズ)

私は田舎で育っています。(今更、こんなこと言わんでもいいですね。)

子どもの頃、生活水は井戸水と山水でした。

どちらも今でも使っています。

井戸水は料理、山水はお風呂や洗濯用です。

不自由はなかったと思いますが、今は市からの水道水も供給されているようです。

水は口に入るものなので、水質検査に出しているとのことですが、

これがかなり良い水質らしいです。(らしい・・・笑)

中学校2年までしか生活していませんが、水に関しての記憶がいくつかあります。

井戸水を引いている水道の水量が少なくなったら、田んぼに水を引いていたこと。

これ、当たり前のことかもしれませんが、なんかすごい!と感じていました。

井戸の近くの田んぼに川から水を入れる。

そうすると、井戸の水が増えるって自然すげー!という感じです。

山水が湧き出てきた時のことも、うっすらと覚えています。

そしてその湧き水、天候が良く雨が降らないと徐々に量が減ってくるんです。

これも当たり前の話かもしれませんが、自然を感じる現象だったのでしょう。

改めて文章にしながら思い出すと、貴重な体験を目の当たりにしながら育ったんだなあと思います。

まあ、田舎は不便ですけどね。

スポンサーリンク




by
CATEGORY :