クロスステッチ・何本もの糸を使ってステッチをしても良い

クロスステッチ・何本もの糸を使ってステッチをしても良い

何種類もの糸を使って作品を仕上げる場合

糸を数本、同時に進めていくという方法もあります。

超大作を刺繍される方は、2本どころか何本も使って作業をされます。

慣れないうちは、たくさんの糸を途中にしながら進めていくのはおすすめしません。

絡まってしまう可能性もあります。

写真は同じ色の糸ですが、グラデーション糸なので少し色が異なります。

一旦、切って始末をして次に進んでもいいのですが、

図案を見ているとここで糸を切るより別の部分のステッチが出来上がってから

糸を裏側で数目渡らせて進めた方が良さそうです。

そこで、1本を休ませて、もう1本で刺繍しています。

二本くらいなら、絡まないように注意して作業できます。

写真で見ると、少し離れた位置から休ませている糸が出ていますが

これはわざとそうしているのです。

布の表側で休ませる方が別の部分が刺繍しやすいと思います。

多くの人が布の表を中心に作業をします。

そんな状態のなか、裏で糸を休ませると

知らないうちに縫いこんでしまうことがあります。

糸が縫い込まれたり、絡まったりすると

かなり厄介な状況になりますので、要注意です。

スポンサーリンク




by