クロスステッチ・間違いステッチを早めに発見する為にやっていること

クロスステッチ・間違いステッチを早めに発見する為にやっていること

何をやっても失敗とか間違いとかはあるものです。

クロスステッチなんて間違いとの戦い!!

と言うとおかしいですが、直す事が結構あります。

「なんかおかしい???」という気持ちがしたら

だいたいどこかおかしいです。

「えーーーーー!!!!、なんでぇぇぇぇ」

「私、この1時間何やってたんだろう」

「なんで早く気づかなかったんだろう」

結構集中している時に限ってそんなことが起こります。

そんなことを防ぐために、時々チェックします。

詰まっている図案の場合

刺繍する部分に隙間がなく詰まっているものは

再々、確認する機会があるので、特に問題はありません。

下の写真のクマの体部分は間違いなく終わりました。

腕から取り掛かりましたが、基準となる部分がないので、慎重に刺繍します。

「慎重に刺繍する」=「こまめに確認する」

ということなので間違いが少ないのです。

次に取り掛かる顔や服の部分は、すでに刺し終わっている腕が基準となり

特に問題もなく進んでいきます。

空白の多い図案

刺繍する部分に空白がある場合は

「チェックしながら進める」と思っていないと間違えます。

私の場合は、自分で基準になる部分を決め

その部分に来たらチェックしています。

方法は、図案にマーカーなどで線を引きます。

どこに引くかは、自分の感覚です。

あえて言うなら、マス目が数えやすそうなところにしています。

線を引いた図案と、刺繍している物を照らし合わせます。

今回はいい具合です。

もし違っていても、この辺りなら苦なくほどけそうですよね。

精神的ショックも軽く(大げさ?)、修正も楽にできます。

結局、間違ってもオッケー。

間違えない方法を紹介しておいて、最後はこんなまとめとなりましたが、

本当にクロスステッチは間違って悪い事はないんです。

直せますから。

布と刺繍糸がダメになってしまうので、なるべく間違いが少ないのが良いですが、

なんども何度も直して仕上げたらいいと思います。

実際に、課題をやっていると小さな図案でも間違い多発。

それも楽しんでいます。

スポンサーリンク




by