刺繍パネルを自分で作る(後編)

刺繍パネルを自分で作る(後編)

準備を整えたら、次は貼り付けていきます。

準備のやり方はこちらでまとめています。

サイズを決める

作品を眺めながら、出来あがりを想像します。

今、作っているブタの作品は縁取りのある図案ですが

枠を取っていない図案もあります。

その場合は、自分の感覚でどのくらい周りの空間をとって

どんな大きさに仕上げるのかを考えます。

布の大きさを揃える

想像した出来上がりになるように、布の大きさを整えます。

「出来上がりの大きさ」+「縁取り5センチ」のところに印をつけ

ハサミで断ちます。

5センチは私の感覚ですので、不安な方はもっと大きくしてもいいかと思います。

作品を思う大きさに切った後も作業が続きますので、

ほつれ止めを使うと、以降の布の扱いがやりやすくなります。

スチレンボードを作る

次は、出来上がりサイズのボードを作ります。

スチレンボードに印をつけてカッターナイフで切ります。

布をボードに留める

布を裏返しにして平らなテーブルの上に広げ、

その上にスチレンボードを置きます。

虫ピンを使って布をボードに留めます。

留める位置はボードの厚みの部分です。

3ミリのボードを使っているので、かなり細かい作業になります。

幅は1センチ感覚程度。

ある程度留まったら、表がどんな状況か確認します。

ねじれている部分、曲がっている部分があれば微調整していきます。

ボードの裏に両面テープを貼る

虫ピンで留め終えたら、出来上がりに近い形になっていると思います。

そこで、ボードの裏にグルッと一周、両面テープを貼り付けます。

角の始末をする

角の部分は「額縁仕立て」にします。

ここだけは四隅をそれぞれ糸でかがります。

四隅がきちんと決まると、かなりしっかりとしてきます。

整える

布端を織り込んで裏側の始末をし整えます。

これで出来上がりです。

スポンサーリンク




by