刺し子の糸始末は余裕を持ったほうが良い。

刺し子の糸始末は余裕を持ったほうが良い。

ホビーラホビーレの刺し子変わり七宝2を全てステッチし終わりました。

あとは周りをコの字とじにして布巾に仕上げると完成です。

完成前に一部修正したところがあります。

写真左下に不具合がありました。

下に左下部分を拡大しています。

矢印の部分は濃いピンクの糸が入っているはずなのですが下図が出ています。

縫い終わりの部分だったのですが、裏で切ったはずの糸が表に出てきた為

数センチをわざとほどいて直そうとしているところです。

訂正することになった原因

糸を下のように短く切りすぎたのが原因です。

縫い始めと終わりを3目ずつ返し縫いをし、糸を切ります。

その時、あまり長く糸を残して切ると

下の写真のようにボソボソふわふわ〜っとなるのでギリギリで切ったのです。

短く切りすぎたので、しばらくすると裏で切ったはずの糸がほどけて表に出てくるのです。

3目返し縫いをしているので、ほつれて困るということもないのですが

表にボソボソ糸が出てくるのは、どうもきれいな感じがしません。

というわけで、わざとほどいてここだけやり直しました。

糸の残りはたくさんあります。

ホビーラホビーレさんの刺し子キットに入っていた説明書には

薄いピンク1/5束、濃いピンク1/4束を使うと書かれてありました。

残りの糸をみたところ、説明書通りの分量を使ったように思われます。

キットに材料がギリギリしか入っていないという商品はないでしょうけれど、

ここのキットは1束単位でセットにしてあるので、足りないことはありません。

今回も、もし失敗したとしても十分に直せるだけ残っています。

あと数枚、同じ配色で作ることもできます。

まとめと感想

1枚縫い終わると、少しコツがつかめてきました。

これだけ単純作業なのに、飽きるどころかどんどん楽しくなってきました。

スポンサーリンク




by
CATEGORY :