来年はRollbahnの手帳にしました。

来年はRollbahnの手帳にしました。

2017年の手帳を買いました。

去年は確か12月まで悩んで、以前から使っていた「ほぼ日手帳カズン」にしました。(今年の手帳の記事

「ほぼ日手帳」に不満はなかったのですが、昨年から悩みはじめました。

今年一年使ってみた結果、やっぱり悩み、

もっとシンプルなものが欲しいと思ったので2017年から変えることにしました。

生活の変化により手帳も変わってきたことを、簡単に書いておきます。

10年以上前、手帳にこだわり始めた時

自分の予定以外にも管理することが多くなってきた時に手帳の内容にこだわるようになりました。

自分の予定

家族のこと(お祝い事、年賀状など)

子供のこと(保育園の行事、持ち物など)

お金のこと(引き落とし、支払い、保育園等集金準備)

これだけ様々な管理が必要になり、手帳に書かなくては忘れてしまうことが多くありました。

大部分が子供のことでした。

仕事をしていた時は、私的な手帳とは別にノートタイプの見開き一ヶ月のスケジュール帳も使っていました。

どうしても重複して書く部分もでてきますが、仕方ないと諦めていました。

来年から変えた理由

子供が大きくなると、親があれこれと準備をしたり、おたよりを気にすることも少なくなったことが大きいです。

スマホを使うことによって、おたよりの整理とスケジュールを組み合わせることができるので

手帳なしでもほぼ管理ができるようになってきました。

ほぼ日の日々のページもevernoteを使うようになってから、だんだんと使用頻度が減ってきました。

代わりにevernoteは使用頻度が上がってきたので、こちらはグレードアップして使っています。

家計簿もほぼ日を使っていましたが、これも現在は管理を別にしています。

それでも手書きが好き

こんな状態なら家のカレンダーだけでいいんじゃないのか?とも考えました。

あとはスマホやパソコンで間に合いそうです。

でも、私は手書きが好きなんです。

手書きでメモしたい部分が結構あります。

メモもevernoteに保存するのですが、それでも書きたいこともあるのです。

手帳でなくてもノートでいいかもしれないと思ったのですが

そこはやっぱりカレンダーがついている方が便利な気がして、今年はロルバーンにしました。

Rollbahnの手帳は私の欲しい部分が揃っていました。

カレンダーが見開きで一ヶ月

この部分は私の譲れないポイントです。

見開きで一ヶ月を見ることによって予定が立てやすく、管理がしやすいと思っています。

img_0683

ノートの部分が大きい

ノートの部分も私には絶対に必要です。

無地が良かったのですが、方眼も使いやすいのでここはこだわりません。

img_0685

クリアケースのような部分

これはほぼ日にはなかったけど、あるとすごく助かります。

ほぼ日の時は手帳カバーに挟んでいた書類をここに収納できます。

ハガキ等を入れるのに便利そうです。

img_0684

こんな感じで今の私には十分そうです。

来年一年この赤色の手帳とともに過ごすことにします。

スポンサーリンク




by
CATEGORY :