「マインドマップ英語勉強法」を再読

「マインドマップ英語勉強法」

数年前に気になって購入した本ですが、特に面白さを感じず積ん読状態でした。

それがまた先日から気になっていたので再読しました。

前回は最初の少しで読むのをやめたような記憶があります。

第3章くらいまで読んでマインドマップを書いて、英語学習までたどり着かずやめたのでしょう。

その時は続いてないのですから。

ところが、今回は開くだけで最初のあたりの内容は、すんなりと入ってきました。

理由は、英語学習を再度始めてから今までの2ヶ月弱の間でやってきたことが書かれてあったからです。

英語学習の目的,未来へのイメージなどです。

なーんだと思うと同時に、3章までスラスラと進んだので先も読んでみようという気になりました。

実際に書かれたマインドマップが多く掲載されているので、読まずに見ているだけでもなんとなく分かります。

単語、文法、読む時、書く時など様々なシーンでのマインドマップの活用法の紹介がありました。

これを全部使おうとすると、無理がありそうなので、まず一つ書く時に使ってみることにしました。

マインドマップは好きなツールなのですが、英語学習と私とマインドマップの相性はさてどうでしょうか?

スポンサーリンク




by
CATEGORY :