テニス知識のない親子がテニスを頑張っています。

テニス知識のない親子がテニスを頑張っています。

テニススクールで頑張っている小学生の息子がいます。
両親ともにテニスに関して知識がありません。
少しだけ教えてもらったりして何とか家族でテニスを楽しむことができる程度です。
そんな家庭の子がテニスを始めました。
子どもにとっても親にとっても知らないことだらけで、おもしろくやっています。

なんでテニスを始めたの?

錦織圭選手の影響は少なからずあります。

テニスは個人戦があるから、レギュラーの座がとれなくても試合に出ることができるというのも理由の一つです。

あと、母親の私がやりたかったから(これがホントのとこかも)

中学校の部活はどうしましょう。

小学生でテニスを始めると中学でも部活はテニスを選びたいところです。

ただ、硬式テニス部がある学校となると限られてくるのが問題となります。

我が家はその時になって考えることにしています。

今、やりたいことをやればいいと思っています。

スクールを選ぶ

テニススクールはたくさんあります。

我が家は人数の少ないところを選びました。

私が通っていたというのもありますが、できたばかりで大人も子どもも少なかったんです。

コーチ歴も長い方だったので、ぐんぐん上達しましたが、事情があって別のスクールに移ることになりました。

スクールの転校

これが我が家には大変でした。

近所のスクールに変わったら、少し物足りなくて困ってしまいました。

コーチの推薦があれば、選手コースへ移動できるとのことですが、これに時間がかかりました。

試合歴もないので推薦もしてもらえないし、コーチとの話もそれほどできないで希望すら伝えることができませんでした。

今はテニス人気で空きがないというのも推薦がとれない理由かもしれません。

このあたり上手に情報を得て、親の出番が必要だったようです。

現在、何とか続けて選手コースへ一歩手前までこぎつけています。

そうなると練習も楽しくなり、本格化してきました。

試合にも参加するようになりました。

そうすると、また知らないことが出てきます。

それは、次でご紹介します。

スポンサーリンク




by
CATEGORY :