ヒヤシンスの水栽培

ヒヤシンスの水栽培

  毎年恒例、ヒヤシンスの栽培。

今は暗い環境が必要なので、紙をかぶせています。
お菓子の箱を使ったらちょうどいいサイズだったのですが、見た目が悪いので子供が新聞紙で飾ってくれました。
顔もついてる(^-^)

  
一週間でこの根っこの伸び。毎朝、確認して喜んでいます。

入れ物
私はホームセンターの植物コーナーにあったので思いつきで、水耕栽培用の花瓶を買いましたが、
雑貨屋さんとかで、素敵な瓶を見つけてもいいかもしれません。
ペットボトルでもできます。
ジャム瓶、牛乳瓶でもいいですが口の大きさと球根のサイズが合わないといけないので、少し工夫が必要かと思います。

球根
水耕栽培用のものがあります。
私は最初の年これを知りませんでした。


球根の底が水に触れる程度のギリギリまで水を入れます。
チャポン!とつけてしまうとダメ。
毎日でなくてもいいので、時々替えてあげます。

置き場所
芽がでるまでは土の中にいるように思ってくれるように暗くしておきます。
だから、我が家のは新聞紙をかぶってるんです。
涼しいところがいいようです。

あとは芽がでるのを待ちます。