両縁参り

「毎月七日に縁体験~縁の末社で両縁参り」

日本三大稲荷 最上稲荷でこんな体験ができるそうなのでお参りしてきました。

毎月七日はお坊さんが正式参拝の仕方を教えてくださるらしいとのこと。
参拝後、お茶を飲みながら、ひとくち説法も聞けるとのことで、どんどん興味がわいてきました。

ホームページを偶然見かけたのが五日。
七日は予定がない・・・・・・行ってみようかな。
そんな感じで思いついて一人で行く予定だったのですが、
出かける直前になって友達も一緒にいくことになりました。

友人とは現地集合。
最上稲荷に行ってみると、境内に受付があり、10名くらいの方が待っておられました。
受付で奉納料をおさめると、縁切り札、良縁絵馬がいただけます。
それぞれに記入します。
縁切りは人間関係に限らず何でも良いそうです。お酒、病気、シミ・・・。
縁切札は半分に折れるようになっています。

良縁絵馬は結びたい縁を書きます。これも人間関係だけでなく仕事など、なんでもいいそうです。
絵馬にはシールを貼って願い事を隠せるんです。
札と絵馬を書いて待っていると、11時からお参りが始まります。
お坊さんが参拝の仕方を説明してくださり、一人づつお参りします。
ちょっと緊張したりしながら、縁切りに続いて縁結びへ。

参拝後はお守りがいただけます。
色もかわいい。

「縁切り」と聞くと、イメージ悪いかもしれないけど
区切りをつけるという意味で「両縁参り」はスッキリした気分になりました。

いいご縁がありますよーに。

新しくスタートです。