クロスステッチをする時の環境を考えた結果、大事なのは自分の時間がとれることだった。

クロスステッチをする時の環境を考えた結果、大事なのは自分の時間がとれることだった。

クロスステッチをされる方、どんな環境で作業されているでしょうか?

私はその時、その時で異なります。

一番良いのはどんな環境なのか考えてみたのですが、良くわかりませんでした。

その代わり、別の答えが出ました。

音のない環境

これが今まで一番多かった環境です。

外の音、ご近所さんの生活音は聞こえてきます。

車やバイクの音、

駅に近いので電車の音、

どこから聞こえてくるのか学校のチャイムの音

掃除機や洗濯の音、お天気によっては風や雨の音

下校時になると子どもたちの声

どれも自然に耳に入ってくるので邪魔になりません。

音を通じて外の様子を気にしながら自然に作業ができるので

この状態で何時間も刺繍をしています。

ヒーリングミュージック

以前住んでいた家では、ヒーリングミュージックをかけていることがありました。

YouTubeでいろいろでてきますから、心が落ち着かせたい思った時に聴いていました。

癒しとか心が落ち着くとか、集中力が高まるとか、

あとは、引き寄せとか、強運とか、金運とか。

効果があったかどうかは別にして、これも邪魔にはならず良い状況になりました。

J−POPなど

なぜか、最近これなんですよ。

先日どこかでドリカムの曲を耳にして、検索したのが始まりです。

ドリカム、ポルノグラフィティ、サザン・・・

私の年齢的にこのあたりです。

NHKの朝ドラ「半分青い」とほぼ同じ世代ですからね。

鼻歌歌いながらクロスステッチをするという状況です。

今までになかった感じですが、これが調子良く進むのです。

テレビ

私の今までの生活の中でテレビがなかった時期、

テレビをつけなかった時期というのが何度かあります。

特に必要ないなと思うモノの一つでもあります。

それなのに、午後から午後からつけることが多くなりました。

これが番組の好き嫌いによって、邪魔になったりならなかったりします。

静かすぎて寂しい時には、ちょうどいいなと思ってつけることがあります。

音読や人の声

これはダメ、どうにも私にはあいません。

オーディオブックを聞きながら刺繍すると効率的!なんて思って試しましたが、数分でやめました。

人の声もカフェ等での多人数はダメですね。

作業が全くできません。

だけど、クロスステッチをしながら話をするのは大丈夫です。

むしろ、話をしながら刺繍したいです。

話に夢中になり間違えることも覚悟、

テキトーな会話になってしまうのも覚悟なのですが、

手元に気がむいているせいか口調がゆるく、邪魔にはなりません。

結局、刺繍ができればそれでいい

なんだかんだ言っても自分が心地よく刺繍ができればそれが一番です。

人それぞれ、時と場所によっても欲しい音は異なります。

ただただ、自分の気持ちが落ち着く時間を作ることが刺繍をする時に大事なこと。

無理して必死でするものではないと思っています。

振り返れば夜中子供達が寝静まってから刺繍をしていた時もありました。

子育ての時期なんて、そうでなくても睡眠不足なのに、

さらに睡眠時間を削ってまで刺繍をしていました。

ちょっと自分の時間が欲しかったのでしょうね。

刺繍をする時の環境、音について私の感覚に触れてみましたが、

刺繍をするしないに関わらず、自分の好きな環境を短時間でも作るのは大事だと

これを書きながら気づきました。

自分の好きな環境に短時間でも身を置くと、落ち着くかもしれませんよ。

by
コメント0
CATEGORY :

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)