毛糸の扱いにも慣れてきました。ロシアのRIOLIS(リオリス)のキット

毛糸の扱いにも慣れてきました。ロシアのRIOLIS(リオリス)のキット

ロシアのRIOLIS(リオリス)のキットに挑戦しています。

ステッチに間違いが見つかり、がっくりしながらやり直しました。

それでも夢中になって夜中まで作業したので、輪郭が見えてきました。

ウールアクリル毛糸の扱いにも慣れてきました。

次の写真の濃淡はクロスステッチとハーフステッチで表わしています。

毛糸1本取りです。

同じ刺し方をしても、刺繍糸の時とは少し違った濃淡ができています。

この糸、やっぱり特殊。

扱いにくいという印象方が大きいのですが、毎年気になる存在になりそうです。

寒いシーズンに一度は使いたくなるような気がしています。

スポンサーリンク




by
コメント0

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください