Mystery SAL2018 1月分完成

Mystery SAL2018 1月分完成

1月分は1月中に完成させると言ったのに、

あら?もう2月。それでもなんとかできました。

今年参加している「Mystery SAL2018」

1月分はこんな感じです。

1月の作業を振り返って気づいたことをまとめてみました。

考えることに時間がかかる

今月はクロスステッチという作業時間よりも考えることに多くの時間を使いました。

参加するのかどうか?

生地と糸はどうするか?

糸の具合がどうも合わない。

もう少し私らしく工夫したい。

いろいろと考えて作業して、ほどいてやり直したり。

図案が提供されている分、考えることは少ないように思いますが、

自分らしくしようと考えて作業を進めていきました。

苦戦のあと

考えて考えて、途中でやめたのがこの写真です。

2色の地味な色に、少しだけ色を入れたいと思ったのですが

どうも落ち着かないので、さらに別の色を試したのですが

結局どちらもやめて、同じ色で刺繍しました。

裏側をみせます。

この図案は糸の色を考えながら進めているので、針の動きは全く無視していました。

それでも、裏を見ると思った以上に綺麗になっています。(自分で言います!)

これは図案が良いのだと思います。

では、どこがどんな風に良い図案なのか?と聞かれると、答えられません。

言葉で説明できるようになったら、ブログにかきますね

ここからはどう進むでしょうか?

1月を終えた時、2月からは糸の色を悩む必要はないから早く出来上がるわと思ったけど、

そうでもなさそうです。

やっぱり、まだもう一色使いたいような気がしてきました。

こうやってあれこれ悩みつつ1年進めていくことになるのでしょうか。

楽しむのがポイント

他の参加者の出来上がりを見て楽しんだり

それを自分の作品に反映させて試行錯誤してみたり

納得いくまでほどいてやり直したり

クロスステッチをやらない人から見ればおかしなことかもしれませんが

好きでやっている分には、何が起こっても楽しいです。

一人、家での作業ですが思ったよりも楽しんで参加しています。

2月分が出来上がったら、またご報告します。

by
コメント0

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)