刺繍糸の在庫管理表を作ってしまう私

刺繍糸の在庫管理表を作ってしまう私

私はいろいろな書籍を参考にしてクロスステッチを楽しんでいます。

ずっと前はお裁縫箱の中の似たような色で完成させることも多くありましたが

最近では刺繍糸の色もきちんと揃えて図案通りに作るようになりました。

やはり微妙な糸の違いなども、楽しめるし、参考にもなります。

そうやって作っているうちに、刺繍糸がどんどん増えてきました。

刺繍糸が増えくると問題発生

刺繍糸が多くなって、まず発生した問題点は「収納」です。

これはビニールにいれたり、ファイルにしたりと、試行錯誤中です。

今はチャック付きのビニール袋に落ち着いています。

次に発生した問題が「品番管理」です。

どの番号の糸があるのか?この図案を完成させるには何を追加で購入すればいいのか?

以前は、実物の糸を確認して無いものをメモして買いに行くという方法でした。

それが少しならいいのですが、だんだん増えてくると面倒になってきました。

この写真のような図案は、持っていない糸がたくさん出てきました。

そこで手書きで在庫一覧を作成してみました。

とそこで、私何をやってるんだろう?と自分でも無駄な作業に気づいてびっくり。

在庫管理をスプレッドシートで

こんなアナログなことはやってられません。

たくさん使う糸もあれば、出番が少なくて全然減らない糸もあります。

エクセル表で管理すれば、一目で在庫がわかり、次に作りたい図案に必要な刺繍糸の確保が簡単になります。

そこでエクセル表を持っていない私はGoogleのスプレッドシートで作成しました。

(なんだかなあ・・・ちょっと事務感が嫌すぎる)と心の中でひそかに思いますが

便利なものは使いましょう。無駄な時間は無いほうがいいですし。

事務処理が嫌いでなくてよかった

私、さっき事務感が嫌だと書きましたが、実は事務処理は嫌いではありません。

会社員時代は,誰でもできる事務職だと思いながらも工夫しながら仕事をしてきたことが

無駄時間ではなかったのかなあと思えました。

事務処理が嫌いではない、どっちかと言うと好きなのはラッキーですね。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)