ちょこっと手芸にクロスステッチはいかがですか?

ちょこっと手芸にクロスステッチはいかがですか?

先日、NHKの朝イチと言う番組で手芸がテーマになっている日がありました。

この秋おすすめ!ちょこっと手芸

簡単な刺繍、リメイク、裁縫箱、手芸の脳への効果など

広く手芸について紹介されていたので、録画してチェックしました。

ちょっとした手芸をやってみたいなと思う方が

少なからずいらっしゃるのだなあと思いながら見ていました。

何かやってみたいけど、手芸やさんでも立ち寄ってみようかな?

自分に何ができるかな?と少しでも手芸をやりたい気持ちが生まれてきた方に向けて

私が子供の頃から好んでやっているクロスステッチをご紹介してみようと思います。

クロスステッチを紹介する理由

私が毎日毎日飽きもせず作り続けているクロスステッチ。

ご紹介する理由は以下2点。

1)覚えるステッチは1つ。

2)諦めずに頑張り続ければ絶対に完成する。

高度で繊細な図案になると、バックステッチ、フレンチノットなどという技法が加わりますが

基本的には1つ

クロス ×××と×をひたすら縫っていくだけです。

そしてクロスステッチがやりやすい専用布があるので、

図案を見て、指定されたマス目にバツ×を作っていくのです。

諦めずに頑張れば絶対にできるのです。

小学生でもできます。

こんな方にはおすすめ

簡単な刺しゅうですよ!と言っても見ただけでムリと思われる方もあると思います。

人それぞれ性格があります。

苦手な方もいらっしゃるでしょう。

ムリしてやらないでくださいね。

他にも楽しい手芸はありますから。

私が勝手に想像するクロスステッチにハマる方は、次のような方かな?

単純作業をコツコツと続けることが苦にならない。

むしろ無心でずーっとやっていたい。

マス目が大好き。(これは私、珍しい部類に属してるかな)

失敗が気にならない。

クロスステッチは出来上がるんですが、簡単で小さな図案でも間違えることあるんですよ。

それはそれは、嫌になるほど。

でも、やり直しができるし、目立たなければ間違ったままでも大丈夫なこともあります。

私に向いてるかも!と思われた方、簡単なものから始めてみてください。

こんな物を作ってみたら楽しいですよ

クロスステッチに限らず、キットから始めるのがおすすめです。

ちょこっとやってみたいと思った時もキットだと、すぐに取りかかれます。

クロスステッチは小さなものだと、1時間くらいで完成するものもあります。

例えばストラップ

これだと小さいので1日で完成すると思います。

針と糸が入っているので、準備するのはハサミだけです。

これは刺しゅう部分が完成したら、ストラップ用のケースにはめ込むだけなので仕上げも簡単です。

未完成のまま放置する危険性が少ないです。

図案は違いますが、私も子供に作ったことがあります。

フルタイムで仕事をしている時で、息抜きに何か作りたくて買ったように思います。

保育園カバンにつけてあげると喜んでくれるのではないでしょうか?

探せば刺しゅう糸あるかもという方には

裁縫道具の中に、刺しゅう糸いくつかあるから何か作りたいという方には

ハンカチなんかどうでしょう。

刺しゅうが完成したあとで、ミシンを出して仕立てるようなものになると

最後の仕上げで行き詰まって未完成のまま放置・・・といういつまでも気になる結果になる可能性があります。

このタオルは刺しゅうをするだけで完成です。

少し細かいかもしれませんが、刺しゅうは何度かやったことあるという方は

なんとかできるのではないでしょうか?

図案がない!自分で書けないし困ったという場合は、

「クロスステッチ フリーチャート」等で検索してみてください。

たくさん出てきます。

あと、コットンテープというものがあります。

これも刺しゅうするだけです。

ただ、これは刺しゅうをしたあとに、ハンカチや袋等に縫い付けることになります。

少し手間ですが、テープになっているので針仕事が好きな方は比較的仕上げが簡単にできるかと思います。

(注意・コットンテープなので粘着性はない物です)

以前作ったタオルハンカチはこんな感じ。

まとめ

たとえ短時間でできる小さな物でも、自分で完成まで頑張れば達成感があります。

あ、なんか小学校のクラブ活動以来だわ、ちょっとやってみたいと思われる方

ぜひちょこっと手芸にチャレンジしてください。

コメントを残していただけると嬉しいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)