なぎビカリアミュージアムで化石発掘体験を再び!!

なぎビカリアミュージアムで化石発掘体験を再び!!

何がしたい?と小学生の子どもに聞いたところ

また化石掘りたいとのことで、奈義町まで行ってきました。

なぎビカリアミュージアム

小さな施設ですが、ビカリアとは何か?を学ぶことができる施設になっています。

施設に入って最初にビデオを見るのがおすすめです。

小学生にも分かるように説明してある10分程度の映像です。

映像を見たあとは、実際に発掘された化石を見ることができます。

結構大きな物を見つけている人もいて驚くとともに、

なぜか羨ましくなり、自分もこれからこんなのが掘れるんじゃないか?などと

余計な想像が膨らんできます。

屋根付きの屋外施設には、奈義の地層が展示されています。

地層ビカリアミュージアム

地層の間に、ビカリアが見られます。

ビカリア

こうやって一通り学んだあと、受けで発掘体験を申し込みます。

どうやるのか?

申し込み後、「かなづち」と「ビニール袋」を貸してくださいます。

体験時間は1時間。

こんなにある石の山の中から貝の化石を探します。

さっき大きな化石を見つけてる人がいたから、大きな石狙いでやってみよう!などと

欲張りなことを考えは数分で消え、なんでもいいから見つけたいと思うようになります。

素人でもできるのか?

小学生でもできます。

かなづちを使うので、小さな子は注意が必要です。

我が家の小学生は、大物狙いですぐに飽きてしまいました。

でも、小さな貝を見つけて見せてあげると、なるほど!と思うのか

本当にあるんだ!と思うのか集中し始めます。

思ったより簡単に化石らしきものが見つかります。

かなづちで叩いて石が割れた時に、化石も欠けてしまうのが悲しい気がしました。

発掘したものは?

こんな感じの化石が見つかります。

残念ながらこれはビカリアではなく、別の種類でした。

見つけた物を受付に持って行くと、種類を分けて説明してくださいます。

そして、持ち帰ることが可能です。

岡山市内から車で2時間弱

岡山市街地を朝10時半頃に出発し12時過ぎに到着しました。

お盆休みの期間中だったので、高速道路は使わず53号線をひたすら北へと走りました。

小さな施設ですが、施設内部は混んでいたり待ち時間は全くありませんでした。

体験施設は屋外です。

お昼過ぎ20人くらいの親子連れが、座り込んで発掘体験しており、

こちらも待ち時間はありませんでした。

まとめと感想

今回二度目でしたが、親子で静かに楽しんできました。

(親の方が本気で探していたという気もしますが)

興味のある子にとっては、魅力的な施設のようです。

スポンサーリンク




by
CATEGORY :