刺繍パネルを自分で作る(前編)

刺繍パネルを自分で作る(前編)

みなさん、刺繍した作品はどうしていますか?

私は、小さい物は自分で額に入れていますが

少し大きなものになると、どうして良いのか分からず大事にしまっていました。

でも、せっかく作ったのだから飾りたいと思い、パネル仕立ての方法を教えていただき挑戦してみました。

準備するもの

・スチレンボード 厚さ3ミリ

・両面テープ

・虫ピン

・パスタオル

布のシワを取る

作品を折りたたんで保管していると、写真のように折りシワができています。

まず、これを水で洗って伸ばす作業をします。

様子をみながら、ゆっくりと手洗いしてみてください。

水を使うのがいいと思います。

タオルドライ

洗い終わった作品は、軽く水をきります。

力をいれてぎゅーっと絞らないでください。

最初の折りシワは取れていてもシワシワの状態で大丈夫。

作品をバスタオルの上に広げます。

タオルの間に作品を挟んで、手で抑えつけるようにして、

水をパスタオルでできるだけ取ります。

アイロンをかける

アイロンはドライを使います。

裏からアイロンをかけます。

シワが伸びるようにゆっくりとアイロンをかけます。

干す

アイロンをかけた時点で、ある程度布は乾いていますが、

次のボードに貼り付ける作業の前に完全に乾かします。

半日、もしくは一晩吊るしておけば大丈夫です。

前半作業終了

これで布の準備ができました。

次はポードの準備をして、貼り付ける作業になります。

こちらは次回ご紹介します。

by